【クレカで納税】税金はクレジットカードで払える!

2017年1月から国税30品目の支払いにクレジットカードが使えるようになりました。

以前はクレジットカード払いができず、下のような選択肢しかありませんでした。

  • 現金+納付書・・・金融機関、税務署、コンビニなどで納付書に現金を添えて納付
  • 口座振替(要事前手続き)・・・指定日に指定口座から税金が引かれる
  • 電子納税(要事前手続き)・・・インターネットバンキングを利用して納税

それが、これからはクレジットカードで事前手続き不要で納税できるようになったのです。
家にいながら簡単に納税でき、実際の支払いを先延ばしでき、さらにポイントが付くのがメリットです。

  • NEW!クレジットカード・・・「国税クレジットカードお支払サイト」でいつでもどこでも手続き可能
  • 現金+納付書・・・金融機関、税務署、コンビニなどで納付書に現金を添えて納付
  • 口座振替(要事前手続き)・・・指定日に指定口座から税金が引かれる
  • 電子納税(要事前手続き)・・・インターネットバンキングを利用して納税

ただし、手数料がかかってしまいます。

手数料

しかし、ポイントは1%の高還元率のクレジットカードを使えば、8200円以下の納税ではない限りは+(プラス)になるので心配いりません。

納付税額 決済手数料(税込)
1円~10,000円 82円
10,001円~20,000円 164円
20,001円~30,000円 246円
30,001円~40,000円 328円
40,001円~50,000円 410円
以降、10,000円を超えるごとに決済手数料82円が加算されます。

 

クレジットカードで支払える税金一覧

申告所得税及復興特別所得税 消費税及地方消費税 法人税
法人税(連結納税) 地方法人税 地方法人税(連結納税)
相続税 贈与税 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
源泉所得税(告知分) 申告所得税 復興特別法人税
復興特別法人税(連結納税) 消費税 酒税
たばこ税 たばこ税及たばこ特別税 石油税
石油石炭税 電源開発促進税 揮発油税及地方道路税
揮発油税及地方揮発油税 石油ガス税 航空機燃料税
登録免許税(告知分) 自動車重量税(告知分) 印紙税

2018年に入ってから市民税や県民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税が納付できるようになった市区町村が増えてきました。
これからの時代クレカ納税が当たり前になるかもしれませんね。そうなると銀行はもっともっと減っていくだろうな~。

コメントを残す