カブドットコム証券からSBIネット銀行に手数料無料でお金を戻す方法

私はSBI証券でNISAをやっているので、お金の出し入れがしやすい住信SBIネット銀行をメインのインターネットバンキングとして利用しています。SBI証券はIPOでも利用しており、昨年のIPOラッシュではカブドットコム証券もIPO取扱数が増えたために住信SBIネット銀行からカブドットコム証券へ100万円ほど入金しました。



IPOラッシュも落ち着いた今年1月に、100万円分住信SBIネット銀行に戻そうとして気づいたのが、出金手数料の存在です。SBI証券やマネックス証券は出金手数料無料なのでカブドットコム証券もそうだろうと思っていましたが、実際は違い、三菱東京UFJ銀行、池田泉州銀行、中京銀行、イオン銀行、じぶん銀行の5銀行以外は一律で100円の出金手数料がかかるということでした。ゆうちょ銀行へも出金手数料がかかるという非常に非情な証券会社だとこのとき知りました。

振込先金融機関 出金手数料
三菱東京UFJ銀行 カブドットコム支店 無料
その他の支店
池田泉州銀行、中京銀行、イオン銀行、じぶん銀行
ゆうちょ銀行 100円(税抜)
上記以外の金融機関

Table.カブドットコム証券の出金手数料

出金手数料は無料が当たり前と思っているので、カブドットコム証券からSBIネット銀行に直接お金を戻す方法は取らず、カブドットコム証券指定の5行のうち1つの口座を開設して資金移動することにしました。

カブドットコム証券→住信SBIネット銀行・・・(×)出金手数料100円
カブドットコム証券→出金手数料無料5行→住信SBIネット銀行・・・(○)出金手数料無料

ここで問題になるのが、出金手数料無料5行(三菱東京UFJ銀行、池田泉州銀行、中京銀行、イオン銀行、じぶん銀行)から住信SBIネット銀行に振込むときに振込手数料がかからないか?ということ。

ATMを使えばたぶん時間帯指定はあるものの現金の引出し手数料は無料なので、ATMで現金引き出し→住信SBIネット銀行に振込みであれば無料でできると思いますが、ネットですべて完結したいと思っている私としてはインターネットバンキングから他行宛て振込手数料無料の口座を開いて、SBIネット銀行に振込みをしたいと思ったわけです。

そこで、カブドットコム証券の出金手数料無料の5行(三菱東京UFJ銀行、池田泉州銀行、中京銀行、イオン銀行、じぶん銀行)のうち、インターネットバンキングを使用した他行宛て振込手数料無料の銀行はどこか調べました。

銀行名 他行宛て振込手数料
三菱東京UFJ銀行 必要(3万円未満216円・3万円以上324円)
池田泉州銀行 必要(3万円未満324円・3万円以上540円)
中京銀行 必要(3万円未満216円・3万円以上324円)
イオン銀行 必要(5万円未満216円・5万円以上432円)
じぶん銀行 必要(3万円未満174円・3万円以上278円)

Table.インターネットバンキングの他行宛て振込手数料

結果、基本的に他行宛て振込手数料は5行すべてでかかるということが分かり、カブドットコム証券から直接住信SBIネット銀行に出金した方が100円で済んで安いということになりました。

しかし、諦め切れず他の方法はないかと探したところ、イオン銀行はイオンカードセレクトというクレジットカード・キャッシュカード・電子マネー(WAON)一体型のカードを作れば月1回まで手数料無料で他行に振込めることが分かりました。イオン銀行はステージ制を取っていて、ステージによっては月5回まで他行宛て振込手数料無料で利用できるようです。

 

イオンカードセレクトを作って(一緒にイオン銀行口座も開設される)、3月になってようやくイオン銀行経由で手数料無料で100万円を住信SBIネット銀行に移動することができました。

他行宛て振込手数料無料のネット銀行口座を持っていると何かと便利ですね。
今まで住信SBIネット銀行しかこのようなサービスやってないと思っていましたが、イオン銀行もやっているのですね。

他調べてみると、イオン銀行の他にもじぶん銀行もステージごとに振込手数料無料にしているようです。

ということで、以上がカブドットコム証券から住信ネット銀行に手数料無料で資金を移動する方法でした。

コメントを残す