ウェルスナビの手数料が高すぎる

2017年9月28日からロボアドバイザーのウェルスナビを始めた。ウェルスナビのメリットは米国ETFを自動的に買付運用してくれる点で、そこに魅力を感じ、30万円入金して試してきた。

開始から2か月だが、手数料1%というのが思った以上に負担というか、利益を吸い取られている感があり、本当に有用かもう一度検討してみた。

ウェルスナビの手数料ルール

お客様からお預かりしている資産の時価評価に応じ、3,000万円以下の部分には1%(年率、消費税別)。時価は日々変動しますので、手数料は毎日1日分を計算し、1ヶ月分の合計額を翌月1日(休日の場合は翌営業日)にお支払いいただいています。(1円未満は切捨て)【1日分の手数料の計算式】:計算日の時価評価額×1%(手数料率)÷365×1.08(消費税)

※ウェルスナビではETFの年率経費0.11%~0.14%は個人負担で手数料1%の中には含まれない。

私が開始2か月でウェルスナビに支払った手数料合計は519円

私は、運用資金30万円で1か月につき13,000円積立で設定しています。表の11月の資金が増えているのはそのためです。

運用 資金 時価総額平均(記憶) 手数料
10月 ¥300,000 ¥309,000 ¥235
11月 ¥313,000 ¥322,000 ¥284

ウェルスナビでは、1日の手数料が以下の式で計算され翌月1日に1か月分まとめて引かれます。

【1日分の手数料の計算式】:計算日の時価評価額×1%(手数料率)÷365×1.08(消費税)

日々の手数料が管理画面から見れるわけでも、日々の時価評価額が表示・保存されているわけでもないので、本当にこの手数料が正しいのか分かりません。

仮に運用資金が30万円で時価総額が30万円(±0%)が1か月続いたとしたら、
1日の手数料=300000×0.01÷365×1.08=8.87円
1か月の手数料=8.87×31=274円(端数切捨て)
になるので、「私が払った手数料としては、ウェルスナビの説明通りおかしくはない金額だろう」と想像するほかありません。

ウェルスナビの手数料の説明には、時価総額がマイナス(=運用成績が悪い)の場合は手数料免除といった記述は見られないことから、例えマイナス%でも、手数料は引かれるはず。今年ウェルスナビを始めた人は総じて成績は+(プラス)でしょうから、手数料が引かれても実感ありませんが、これからマイナスになったとき、毎月200円以上の手数料が引かれるとなると「手数料高いな~」と思うことが多くなるでしょうね。

1%の手数料は高いのか?

運用益ではなく、時価評価額に対して手数料が発生するから高く感じる

米国ETFの良いところは分配利回りが高いということろ。ウェルスナビでは、米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)、米国債券(AGG)、金(GLD)、不動産(IYR)の6つのETFに分散投資しているが、その分配利回りの平均は2.13%であり、手数料の1%を上回る。

米国ETFの分配利回りと経費率

資産クラス 分配利回り 経費率
米国株(VTI) 1.77% 0.04%
日欧株(VEA) 2.50% 0.07%
新興国株(VWO) 2.26% 0.14%
米国債券(AGG) 2.31% 0.06%
金(GLD) 0.00% 0.40%
不動産(IYR) 3.94% 0.44%
平均 2.13% 0.19%

 

各クラスの上昇率評価額上昇率(端数切捨て)

最長
2008~
過去5年
2012~
過去1年
2017~
過去3か月
2017.8~
米国株(VTI) 110% 87% 18% 4%
日欧株(VEA) 5% 35% 22% 3%
新興国株(VWO) 0.3% 8% 18% 2%

 

米国ETFを買い付けるときに必要な手数料

  • 買付手数料
  • 為替手数料

主要ネット証券の買付手数料

買付手数料(税抜)  買付手数料下限・上限
楽天証券 0.450% 下限5ドル、上限20ドル
マネックス証券 0.450% 下限5ドル、上限20ドル
SBI証券 0.450% 下限5ドル、上限20ドル
 ウェルスナビ 0.000%

 

コメントを残す