SBI証券の「S株 Now!」とFOLIO(フォリオ)を徹底比較

SBI証券の「S株 Now!」とFOLIO(フォリオ)はテーマ投資という共通のコンセプトを持ったサービスです。「S株 Now!」では、「投資の一歩を踏み出そう!SBIだからできる新感覚株式投資 投資をもっと身近に!もっと楽しく!もっとシンプルに!」というキャッチのもと、9/30(土)13:00よりサービス開始しました。FOLIO(フォリオ)の方は、「テーマでえらぶ、あたらしい投資」というキャッチで、2017年7月7日にβ版サービスが公開されました。



両サービスの共通のコンセプト

  • 会社ではなくテーマから選べる
  • 成長が期待される10社にリスク分散
  • 10万円から分散投資

 

大手ネット証券のSBI証券に投資コンセプトを〇パクリされ、窮地に立たされるFOLIO(フォリオ)

FOLIOは2015年12月10日に起業したベンチャー企業です。資金調達をしてようやくこの秋正式サービス開始予定だったのが、SBI証券にサービスコンセプトを〇パクリされた挙句、SBI証券の方は9月30日に正式にサービス開始され、先を越された状態になっています。

株式会社FOLIOに所属するメンバーのこのつぶやきがすべてを物語っている

その他、ツイ民の反応

FOLIO(フォリオ)はまだ正式サービスを開始していません。現在はベータ版となっており、正式なサービス開始は2017年11月を予定しています。

手数料もまったく同じ

SBI証券の「S株Now!」は取引手数料が売買代金の0.5%(税抜き)、最低取引手数料は50円(税抜)
FOLIO(フォリオ)は取引手数料が売買代金の0.5%(税抜き)、最低取引手数料は50円(税抜)

比較しやすいように表にするとこんな感じ

サービス名 取引手数料 最低取引手数料
SBI証券「S株Now!」 0.5%(税込み0.54%) 50円(税込み54円)
FOLIO 0.5%(税込み0.54%) 50円(税込み54円)

テーマの数は「S株Now!」が30、FOLIO(フォリオ)が44

テーマの数も多様性もFOLIOに軍配が上がります。

S株Now!のテーマ一覧

  1. リチウムイオン電池部材・部品
  2. 有機EL部材・部品
  3. インバウンド
  4. 選挙関連
  5. AIスピーカー
  6. 電気自動車関連
  7. 人工知能
  8. 国際優良株
  9. iPhone関連
  10. IoT
  11. 自動運転車
  12. バイオテクノロジー関連
  13. 民泊
  14. 半導体製造装置
  15. eスポーツ
  16. 5G
  17. 防衛
  18. ロボット
  19. 宇宙開発関連
  20. 人材
  21. スポーツ
  22. 設備投資
  23. ブロックチェーン
  24. アウトドア
  25. スマホゲーム
  26. フィンテック
  27. 子育て支援
  28. 情報セキュリティ
  29. ビッグデータ
  30. MR

FOLIO(フォリオ)のテーマ一覧

  1. 投資の王道「高ROE」
  2. コツコツ成長「連続増配」
  3. キャッシュリッチ企業
  4. 健康食品
  5. コーヒー
  6. スイーツ&デザート
  7. 外食チェーン至上主義
  8. 電気自動車
  9. シェアリングエコノミー
  10. ペットと暮らす
  11. コスパ最強「インテリア」
  12. カメラ・写真
  13. 自転車
  14. キャリアウーマン
  15. アンチエイジング
  16. 働き方改革
  17. 子育てを楽しく
  18. ガールズトレンド
  19. 日本文化の源流「京都」
  20. 日本を代表する港町「神戸」
  21. 中国・四国地方
  22. 九州地方
  23. くいだおれの街「大阪」
  24. ドラッグストア
  25. 最先端医療マシン
  26. 再生医療テクノロジー
  27. ジェネリック医薬品
  28. リニア新幹線
  29. カジノ解禁
  30. シニア・ビジネス
  31. インダストリアルロボット
  32. ようこそ日本へ
  33. 世界シェアNo.1
  34. ソーシャルゲーム
  35. e-Sports
  36. 第4次アニメブーム
  37. テレビゲーム
  38. VR(仮想現実)
  39. 次世代通信システム「5G」
  40. 次世代素材
  41. 自動運転車
  42. 人工知能
  43. サイバーセキュリティ
  44. 無人航空機「ドローン」

 

NISAで投資できる「S株Now!」とNISAで投資できない「FOLIO(フォリオ)」

S株Now!はNISA口座で買付可能に対して、FOLIOではそれはできません。ただ、仮にFOLIOでNISA口座が開設できたとしても、テーマ投資しかできないFOLIOとテーマ投資以外にも投資対象があるSBI証券では、どちらのNISA口座を開設するのが良いか、まあ、判断つきますよね。

先の理由も含め、NISAの制度に対応するためのシステム構築や口座の維持管理費用などマイナス面も大きいのでFOLIOはこのままNISAなしで続けていくのでしょうね。

リバランスができない?「S株Now!」とリバランスできる「FOLIO(フォリオ)」

FOLIOの方はサービスの特徴としてリバランスを明記しているのに対してS株Now!はそういった記述は見られませんでした。S株Now!はNISA口座で運用できるので、リバランス提案も機能もないのでしょうか。

リバランスって?

リバランスとは、ポートフォリオ運用を行う際に、相場の変動などにより変化した投資配分の比率を調整することです。

テーマを運用していると、時間の経過とともにそれぞれの株価が変動し、フォリオが提案する最適な資産配分の比率とズレが生じてしまうので、定期的にその「比率の修正」をご提案いたします。

ご提案内容には、テーマに沿った最適な銘柄を維持するための「銘柄変更」が含まれる場合があります。

なお、その提案でリバランス注文を行うか行わないかは、お客様にお選びいただきます。

参照:サポートページ|Folio https://folio-sec.com/support/help/faq

コメントを残す