LedgerNanoSからコインチェックにリップル送金 エラーでコインを取り出せず

先日「LedgerNanoSの初期状態はリップル非対応!エラー表示で真っ青」という記事を書いたが、今回はコインを出すときにエラー表示が出て大変な目に合っているので、どんな大変な目になったかご紹介する。

その前に結論を言おう。LedgerNanoSはリスクがあった。リップルを預けるべきじゃなかった。。。
そして安心しよう。残高表示が0XRP=消えてなくなったわけではない。

時は2017年12月某日、リップルが100円を超えて150円近くに寄せて110円前後に落ち着いたとき、10万円で購入したリップル(取得時1XRP=28円)のうち10万円分を換金しておこうと思い至った。取得時より数倍値上がりし、利益も出ているわけだから、初期投資分を先に回収しておこうと企んだわけだ。



LedgerNanoSからリップルがすべて消えた

そこで、初めてLedgerNanoSからコインチェックにコインを送る操作をすることになった。
取り敢えず1000XRPぐらいコインチェックに戻そうとLedger Wallet Rippleを操作をしていたわけだが、いきなり1000XRPは怖いので300XRPで送金(送金というとおかしな表現だが、送コインもおかしい気がするので送金と表現する)ボタン(SENTボタン)を押してみた。しかし、何度チャレンジしても下のスクショのような「Unexpected error an unexpected error occured(訳:予期せぬエラー)」というエラー表示が出てきて、送金ができなかった。

出コイン時のエラー Unexpected error an unexpected error occured

なぜ?なぜ?なぜ?という感じで何度も何度も何度もSENTボタンを押してしまってから、今までと違うエラーが表示された。
表示されたのは「insufficient funds(訳:残高不足)」

え!?

と驚き、Ledger Wallet Rippleの残高表記を見たら0XRPになっていた。

LedgerNanoS残高がゼロに

私のリップルはどこに行ってしまったの~~~!???

ネット検索で情報収集と現状把握

最初は間違った送金先に送る操作をしていたからエラーが出て、残高もゼロになってしまったんだと思いました。そう思い込んでしまって、「高い買い物になったな~1万円でLedgerNanoS買って10万円でリップル買って、最後に間違って送るとか(笑)」「やっぱ英語の商品買うべきじゃなかったなぁ」「仮想通貨止めとけば良かった」とか考えながら床に就こうとしていました(深夜の出来事)。

でも諦め切れず、「コインチェック リップル 消えた」「コインチェック リップル 送れない」とか検索していました。でも、よく考えたらコインチェック関係ない気がして、そしてよくマイアカウントの情報を見てみたら、「LAST OPERATIONS(訳:最後の操作)」の部分に何も送金した情報が載っていない(コインチェックからLedgerNanoSに入金した履歴しか載っていない)ことに気が付き、「LedgerNanoS リップル 消えた」「LedgerNanoS リップル 行方不明」「LedgerNanoS リップル 消失」「LedgerNanoS 出金エラー」「LedgerNanoS 日本語サポート」「LedgerNanoS リップル 送れない」「LedgerNanoS insufficient funds」とかLedgerNanoSに絡めてありとあらゆるワードで検索すること2時間やっと答えが見つかりました。

「ctrl+shift+A」を押すと良いと言う神情報を手に入れる

ハードウェアウォレットというサイトの「Ledgerへリップル送受金」というページの下の方に答えが載っていました。本当ありがとう。眠れないんじゃないかと思うほど胃がキリキリ、気持ち悪くなってましたから。この場で感謝を。(追記:「ctrl+shift+A」でも直らないことがある)

LedgerNanoS残高がゼロに

この画像の右上の?の横に更新ボタンがあります。XRP 0と表示されたとき、嘘だろ!?と思いながら何度もこの押して更新して、XRP 0を実感していました。でも、これより強力な更新方法「ctrl+shift+A」というのがあったみたいです。「Ledger Wallet Ripple」を開いた状態で、「ctrl+shift+A」を押すと「are you sure you want to wipe application data? the wallet will close after cleaning the database(訳:アプリケーションデータを削除しますが良いですか?データベースのクリーニング後にウォレットが閉じます)」と表示されOKを押すとアプリが閉じます。もう一度「Ledger Wallet Ripple」を開いて、右上の更新ボタンを押したら

戻りました!

残高復活しました!長かったな~(10万円に換金しようとしてから3時間経っていました。)

さて、さて、振り出しに戻りました。まだ10万円換金できていないのです。

残高表示戻るもエラーでコインチェックに送金できない状況は変わらず

ここまで長かったのにスタート地点に戻っただけの状態、「Unexpected error an unexpected error occured(訳:予期せぬエラー)」表示が出る状態は依然解消されず、ここからコインチェックに送金するまでさらに格闘することになりました。先に結論を言うと、ちょっと良くわからないけどコインチェックに送金でき10万円に換金できたわけですが、長くなったので今日はここまで。

次回、「ちょっとよくわからないですLedgerNanoS エラーなのに送金できる?もう英語ムリ」をお送りします。

 

別記事にする予定でしたが、このまま10万円に換金できた話をしたいと思います。

予期せぬエラーでも送金完了する

残高表示が戻ってから怖いものなし(いざとなったら「ctrl+shift+A」!)になったのでもう一度100XRPの送金を試しました。Please waitという画面で読み込み表示が延々と1分以上ぐるぐる回った後に、お馴染みの「Unexpected error an unexpected error occured(訳:予期せぬエラー)」が表示されました。残高が0になった事件のときは、Please waitがなく、いきなり「Unexpected error an unexpected error occured(訳:予期せぬエラー)」だったので、何が違うのだろう??と思います。

please waitの後エラーになるが、この時間が長ければ送金できている

で、残高表示を見たら-100XRP減っていました。しかし、「LAST OPERATIONS(訳:最後の操作)」を見ると、何も履歴が追加されていない。またかと思い、アプリを更新して残高を戻そうとしたら、-100XRPと「LAST OPERATIONS(訳:最後の操作)」の方に履歴が追加されていまいた。もしやと思い、コインチェックの「最新のアクティビティ」を見たら+100XRP入金と表示されていました。

予期せぬエラーなのに送金できた!

なぜ?

理由は分かりませんが、早いとこ10万円分のリップル送金してしまおうと100XRPずつ送金していきました。そのときのメモがこちら。66%の確率で送金成功

======memo start======

1回目100XRP 成功
100XRP アプリ上は22:27出金 コインチェック上は22:31 80XRP入金
初回入金で手数料20XRP引かれた

2回目100XRP 成功
22:38にSENT
アプリ上は更新ボタンを押しても変化なし
コインチェック上は22:41入金 100XRP

3回目100XRP 失敗
22:43

4回目100XRP 成功
22:55 アプリ上すぐ反映されたがコインチェック上は反映されない
1分後コインチェック上で反映確認

5回目300XRP 成功
コインチェック上は300XRP入金だが、アプリ上は100XRP出金となっている
「ctrl+shift+A」でOK押してアプリを再立ち上げすると正常な表示になった

6回目100XRP 失敗

7回目100XRP 失敗

8回目100XRP 成功
残数が減ったから多分送金できたと思うがアプリ上は表示されない

9回目300XRP 成功
0XRPと表示された いきなりゼロにろうばい
コインチェック上は表示され安心
レジーナをパソコンから外しPIN入れてもう一度アプリを起動 更新ボタンクリックで残数復活

======memo end======

合計1000XRP引き出せました。1時間以上かかりました。疲れました。
Ledger Wallet Ripple上で表示されないのに、コインチェックで入金完了していたり、送ったコインと受け取ったコインの数が違っていたり、コインを送ったあと10分以上の間隔を置いてウォレットに履歴が表示されたりとすごく不安定でした。

取り敢えず、10万円に換金できたので良しとして眠りにつきました。

LedgerNanoSに預けておくのは逆にリスクが高い

LedgerNanoSに預けて安心と思っていたら、こんなことになって大変な思いをしています。たかが10万円ぐらいなら、コインチェックが100万円の保証を開始したみたいですし、コインチェックにそのまま置いておく方が賢いのかもしれません。今回、おそらくXRPの価格高騰で取引量が増えたせいでこんなことになったのだと思いますが、これからさらに価格高騰すると、予期せぬエラーなのに送金できた状態から、本当に送金できなくなる状態になるのではないかと思います。

追記:さらに受難

リップル価格上がってるのに、コインが取り出せない。そんな怖い状況を想像し、早めにコインチェックに全て戻そうと、また予期せぬエラーをだましだましだまして、また送金していこうと思い、次の日、送金試したら残高がいきなり0XRPになりました。頼みの綱の「ctrl+shift+A」を押しても0XRPのままです。(←今ここ)。

追記の追記:公式の謝罪っぽいのを見つけたので記事にしました。サーバー障害が起きてたっぽい(現在進行形)

Ledger Nano Sのリップル送金エラーと残高0表示の障害について

障害が直ったら残高表示も元に戻るだろうと思います。気長に待つしかないですね。
現在、XRP=230円をつけているので早く換金したいのにできないもどかしさ。

日本語有償サポート(¥ 29,800)サイトを見つけた

他社でLedger製品をご購入の方用のサポートのようです。LINE@有料手取り足取りサポート

コメントを残す